当院からの各種のお知らせです。

全ての患者さんへ ※重要※

新型コロナウイルス感染症対策のため、来院時は必ずマスクを持参し、院内での着用にご協力下さい。布マスクでかまいません

医院はご高齢の方や持病をお持ちの方が多く集まるところです。そういう方に危険を及ぼさないようにするため、着用にご協力いただけない場合は診察をお断りする事があります。

院内でのマスク装着にご協力下さい

高熱や咳が出ている患者さんへ

※当院は東京都より新型コロナウイルス感染症の診療・検査医療機関に指定されています※

インフルエンザや新型コロナウイルス感染症など、感染力が強く、また重症化しうる危険な病気がいくつかあります。こういった病気はなるべく「うつる」事を防がなければなりませんが、たとえば冬場など流行期の病医院の待合室は、多くの感染した患者さんがやってくるため、容易にその「うつる」場所になり得ます。

中には感染していても無症状という方もおられて、そういう方を見極めることは大変困難ですが、少なくとも熱や咳などの症状がある方は、危険な感染症の疑いがあると考えなければなりません。感染者から非感染者に「うつる」のを防ぐ為には両者の接触をできる限り避ける必要があります。

そこで当院では、発熱者と非発熱者の診察時間帯をなるべく分けるよう努めております。そのために必要であれば、必ずしも受付の順番通りではない診察になる事があり得ます。

高熱や咳が出ている患者さんは、必ず事前にご一報ください。お電話はこちら→ 03-5677-3232 03-5677-3232 。症状など状況を伺い、他の方となるべく接触しないように手配致します。発熱等で苦しいところを誠に恐れ入りますが、診察の順番が来るまでご自宅で待機下さい。

また逆に発熱などの症状のある患者さんを診ている間は、高血圧や糖尿病など慢性疾患で通っていらっしゃる方には自宅待機をお願いしております。

何かとご不便をおかけしますが、患者さん同士互いにうつしあって感染を広げてしまう事態を防ぐためですので、御協力よろしくお願い申し上げます。

自宅待機中の患者さんには、診察の順番が近づきましたら、こちらからご連絡申し上げますその前にご来院いただいても、発熱者と非発熱者が混ざるような形で診察することはできませんので、お声をかけるまでお待ちください。 途中、お手数ですがお電話をいただければ、おおよその見込み時間をお伝え致します(あくまで【見込み】です)。

 電話はこちら→ 03-5677-3232

ただし朝イチは受付が大変混み合っており、電話をお取りできない場合がございますのでご了承ください。

江東区主催の公費健診について

2021年の 江東区主催の公費健診癌健診の内、当院で扱う物とその実施要綱は以下の通りです。

当院での実施内容

  • 健康診査(一般的な健康診断のこと)
  • 大腸癌健診
  • 前立腺癌検診
  • 胃癌リスク層別化健診

対象者には区から案内が来ますので、それをよくお読みになりご来院下さい。

【注】前立腺癌健診の対象者は男性のみで、対象年齢には限りがあります。
    大腸癌健診・前立腺癌健診・胃癌リスク層別化健診は、\500の自己負担があります(ない人もいます)。
    自分が対象者かどうか、自己負担があるか等は、区から届いた案内をご覧下さい。

予約制について(重要!)

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2020年の公費健康診査は完全予約制で実施します。

ご希望の方は必ず事前にご連絡ください。お電話( 03-5677-3232 03-5677-3232 )で構いません。

実施時期

2021/06/21~2022/02/20

健診時期に関する御注意

ご覧↑の通り「健診期間は2月20日まで」となっていますが、当院としては

真冬に健診やるなんて絶対オススメしません。

この時期設定は区当局によって決められた物ですが、

真冬に健診やるなんざアホの極み

です。ただでさえ真冬はカゼやインフルエンザが流行って大変混みます。特に今年2020年はこれに新型コロナウイルス感染症も加わり、余計混乱が起きることは目に見えています。

健康診断なんて“1年の内いつやってもいいもの”です。わざわざ感染症の流行期である冬にやるメリットはありません。それどころか病気じゃない健診目的の人が、発熱者でいっぱいの待合室にやって来るなんて、好んで何かうつされに来るようなものですよ。

当院としては、どの健診も9~10月どんなに遅くとも11月末までに受診される事を強くお薦めします。特に2021年は絶対です。

健診にお越しの方へお願い

癌健診を除く、一般的な健診(“健康診査”と書いてあるやつ)を受診の方へ、お願いです。

江東区から届いた封筒に「健康診査」質問票 という紙が入っています。こんなやつ(サンプルは令和2年度のもの)↓

江東区健診事前記入用紙 2020年版

年齢によって、緑色か茶色のどちら1枚が入っています。

このアンケートみたいな紙は、健診の事前質問表になっています。健診受診前にご自宅でこれを記入して来て下さると大変助かります。待ち時間短縮のためにも、是非御協力いたげますよう、 よろしくお願い申し上げます。

健診結果のご報告について

江東区主催の健診は税金(正確には健康保険料)で運営されています。これはもちろん区民の健康維持に資するためですが、その為にはせっかく受けた健診結果を有効に活用していただかなければなりません。

ところが例年、健診受けっぱなしで結果を聞きに来ない人が意外に多いのが実情であり、主催者である区は、業を煮やして健診結果の扱いにいろいろ注文を付けてきました。以下はこの区の方針に則った報告ポリシーです。

1.健診結果はなるべく早く聞きに来て下さい

遅くとも、健診翌月の5日頃(6月21日受診として7月5日頃)までには聞きにいらして下さい。それを過ぎると【本人が聞きに来てなくても】結果表が区に提出されてしまいます。これ以降は、健診結果によっては区から指導や連絡が入る可能性があります。本人がその「結果」を自分で知らなくても、です。

 

2.健診翌月末を過ぎた場合、結果を郵送します

なかなか結果を聞きにお越しでない方には一度ご連絡を入れますが、それでも健診翌月末(6月21日受診として7月31日)までに来ない人には、結果表をご自宅に郵送します。一見手間が省けて便利、に見えますが、決してそうではありません。

当院としてはこの郵便発送を以て、結果のご報告及び解説を完了として扱います。もし直ちに治療すべき重大な結果があっても、健診以上の精密検査が必要な場合も、この郵送以外に別途の連絡や改めての指摘は致しません。郵送された結果を見なかった、見ても意味がわからなかった等により、治療が遅れて重大な結果につながったとしても、弊院としては責任を負いかねます。充分御注意下さい。

 

3.結果郵送後にお越しの場合、有料の診療となります

結果が郵便で届いた後でも、説明を聞きたい場合は是非ご来院下さい。ただしこの場合、内容の如何を問わずそれは通常の診療(有料)となります。尚、郵送の前後にかかわらず、健診結果について電話やメールでの御質問にはお答えできませんので御注意下さい。

2020年は新型コロナ感染症対策の一環として、最初から結果を郵送で受け取る事もできるようになりました。ご希望の方にはそのように致しますが、郵送では細かいところをお伝えしにくいため、当院としてはできるだけ直接ご来院の上結果を聞いて頂く事をお薦めします。

尚この場合も、郵便発送を以て健診のご報告は完了として扱います。その後に説明を聞きたいとご来院の時は通常の診療(有料)となりますのでご注意ください。